志賀島文献目録|島の図書館
日本の離島に関する文献目録|島の図書館本文へジャンプ


ホーム 九州西辺の島 志賀島



九州西辺の島/筑前諸島/福岡県福岡市東区




志賀島


SHIKANOSHIMA


▼志賀島関連ウェブサイト へ

志賀島文献目録

著者・編者 タイトル 発行所 発行年
史蹟現地講演会編 「弘安役に於ける志賀島の地位」
『元寇史蹟の新研究』
丸善 1915年
三松荘一 「志賀島雑記」
『福岡』50
東西文化社 1931年
福岡県郷土教育研究会 『志賀島の研究』 福岡県郷土教育研究会 1935年
金尾宗平 「地方誌 粕屋地方 志賀の「ネドコロ」と奈多の味淋干し」
『風土と生活 福岡縣地誌』
刀江書院 1935年
石蔵修造 『志賀島植物研究』 石蔵修造 1960年
森貞次郎ほか 「福岡県志賀島の弥生遺跡」
『考古学雑誌』46-2
日本考古学会 1960年
大谷光男 「「漢委奴国王」印発見者といわれる甚兵衛について 
志賀島の新蒐集文書より見たる
〔含 志賀海神神社所蔵文書〕」
『史観』70
早稲田大学史学会 1964年
楢崎千城 「阿曇氏考-1-志賀島本貫地説への疑問」
『文化史研究』21
同志社大学
日本文化史研究会
1969年
野間吉夫 「志賀島 社人と浦君」
『玄海の島』
慶友社 1973年
志賀島小学校
創立百周年記念の会
『志賀島小学校創立百周年記念誌』 志賀島小学校
創立百周年記念の会
1975年
九州大学文学部
考古学研究室編
『志賀島 「漢委奴国王」金印と志賀島の考古学的研究』 福岡市金印遺跡調査団 1975年
筑紫豊 『金印のふるさと 志賀島物語』 文献出版 1980年
森山邦人(文)・
光安欣二(写真)
『志賀島の四季』 九州大学出版会 1981年
桜田勝徳 「志賀島追記」
『桜田勝徳著作集 第7巻 未刊採訪記〔Ⅱ〕・回想記』
名著出版 1982年
福岡市立歴史資料館 『「漢委奴国王」金印展 金印発見二百年』 福岡市立歴史資料館 1984年
高田茂広 「弘の海士」
『西日本文化』203
西日本文化協会 1984年
高田茂広 「近世の志賀島-金印問題を中心として」
『福岡市立歴史資料館研究報告 第9集』
福岡市立歴史資料館 1985年
岡松和夫 『志賀島』 文芸春秋 1986年
葺茂芙蓉 「志賀島に残る航空史跡」
『Air world = エアワールド』10-6
エアワールド 1986年
田辺悟 「対馬海流の影響をうける地域の裸潜水漁の伝統的存在形態 
福岡県福岡市東区志賀島弘」
『日本蜑人伝統の研究』
法政大学出版局 1990年
川添昭二 「宗像氏の対外貿易と志賀島の海人」
『海と列島文化 第3巻 玄界灘の島々』
小学館 1990年
猪股静弥(文)・
川本武司(写真)
「志賀島 ≪金印の島、今は陸繋島≫」
『万葉風土記(3)西日本編』
偕成社 1991年
斎藤実 「金印「漢委奴国王」出土地の問題 志賀島の叶崎と叶浜」
『日本大学芸術学部紀要』21
日本大学芸術学部 1991年
日本経済新聞社編 「志賀島・鯛の石釜焼き ほくほくの甘さ、ぺろり」
『九州 この土地あの味』
日本経済新聞社 1993年
菅田正昭 「志賀島と阿曇氏」
『アマとオウ 弧状列島をつらぬく日本的霊性』
たちばな出版 1999年
石井忠ほか 「志賀島-四季を通じたバードウォッチング」
『福岡を歩く』
葦書房 2000年
増崎勝敏 「志賀島のアキナイシについて
-福岡県福岡市近郊漁村の女性水産物行商人の事例より」
『京都民俗』18
京都民俗学談話会 2000年
鈴木和博・
與語節生ほか
「博多湾,志賀島で発見された玄武岩質碇石の産地
〔含 図版・付表〕」
『名古屋大学博物館報告』16
名古屋大学博物館 2000年
塩野米松 「金印の島・内山甚一(福岡県志賀島)」
『聞き書き にっぽんの漁師』
新潮社 2001年
永井郁 「志賀島」
『旅と絵でたどる 万葉 心の旅』
日本教文社 2002年
皆方久美子 「志賀島-謎を呼ぶ金印発見の島」
『別冊太陽 日本の島 島宇宙が育む日本文化、再発見』
平凡社 2003年
末吉武史 「資料紹介 九州の仏像(1) 
福岡市志賀島・荘厳寺の聖観音菩薩像」
『仏教芸術』269
毎日新聞社 2003年
久米雅雄 「紹介 国宝金印・志賀島発見の謎」
『Estrela』121
統計情報研究開発センター 2004年
三浦佑之 「古事記を旅する(12) ワタツミを祀る 志賀島」
『文芸春秋』83-13
文芸春秋 2005年
直木孝次郎 「志賀島金印」
『直木孝次郎古代を語る 2』
吉川弘文館 2008年
遠藤ケイ 「カンカン部隊、肝っ玉 志賀島」
『遠藤ケイの島旅日和』
千早書房 2009年
池田善朗 「福岡市域の島名考 妙見・志賀・能古・玄界・小呂」
『海路』8
海鳥社 2009年
佐藤洋二郎 「志賀島[福岡県] 少年が流れ着いた場所で
「志賀島」 岡松和夫」
『島の文学を歩く』
書肆侃侃房 2010年
加藤哲也 「九州古代紀行(第8回) 安曇一族の志賀島を往く」
『季刊邪馬台国』105
梓書院 2010年
志賀島歴史研究会編 『日本の曙-海人族の活躍 
第5回金印シンポジウムin志賀島』
志賀島歴史研究会 2011年
志賀島歴史研究会編 『志賀島の金印と海人族 
阿(安)曇族ゆかりの全国各地からの報告』
志賀島歴史研究会 2012年




志賀島関連ウェブサイト
福岡市役所
志賀島の地図 / 地図閲覧サービス「ウオッちず」(国土地理院)
しかのしま.JP
福岡市立志賀島小学校
志賀島歴史研究会



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かんのわのなのこくおういん|漢委奴国王印
きんいん|金印
しかのしま|志賀島
しかうみじんじゃ|志賀海神社



島の図書館サイト内検索
Google
WWW を検索 サイト内 を検索
ホーム利用案内参考図書島旅島の研究図書館だより島のリンク集
日本海の島太平洋の島琵琶湖の島瀬戸内海の島九州西辺の島薩南の島沖縄の島
▲ページの上へ
Copyright © Junya Nakai 2000-2014 - All rights reserved.
01/07/2014
01/01/2008
12/03/2005
07/11/2004
08/31/2002